上杉謙信までの上杉一族

 「上杉」といえば「謙信」といいたくなるのだけれど、越後上杉家の守護代であった長尾景虎が、山内上杉憲政から上杉家の家督を相続し、室町幕府から関東管領に任命され、そのご改名を重ね「上杉謙信」が誕生したものである。
 室町幕府から関東管領に任命されていた上杉家は、屋敷のある地名に基づき、山内上杉、扇谷上杉、犬懸上杉、宅間上杉の4家に分かれていた。このうち山内上杉家と扇谷上杉家が重要である。

上杉謙信が相続した山内上杉家の屋敷は北鎌倉(このあたりを「山内地区」という)にある明月院のあたりにあったらしい。明月院は花の美しい寺といわれる。
e0374910_16474808.jpg
e0374910_16482221.jpg
e0374910_16485136.jpg
e0374910_16494855.jpg


[PR]
Commented by 梨花 at 2017-03-19 18:05 x
こんばんわ、鉢の木さん。
今日一日どんよりした天気でした"(-""-)"
Commented by mitikusa17 at 2017-03-19 19:43
今日の横浜は晴天でした。今週の末には東京、横浜で開花宣言があるらしい。桜の季節到来だね。
by mitikusa17 | 2017-03-18 16:51 | 歴史 | Comments(2)